指を通す部分のこと

ストレートとウェーブ

王道といったら、アーム部分がストレートになっている結婚指輪です。
シンプルで、性別や年齢を問わないデザインとなるでしょう。
男性は指輪をすることに抵抗を感じているかもしれませんが、ストレートの指輪なら気にせず、いつでも付けられると思います。

波のように緩やかなカーブを描いているアームのデザインを、ウェーブと呼んでいます。
エレガントな印象を与えられるので、大人なカップルにおすすめですね。
また、優しい印象を与えられるとも言われています。
さらに動きがあるデザインのウェーブは、指を細長く見せたい人に向いています。
指が太いことを気にしている人がストレートタイプの指輪にすると、太さが強調されて見えるのでおすすめできません。

V字と幅広のデザイン

指を細く見せたいならウェーブではなく、V字でも良いでしょう。
特にV字の切り込みを深く入れると、指がスッキリして見えるのでおすすめです。
またV字部分に宝石をはめ込むと強調されるので、宝石を目立たせたいカップルからも選ばれています。

アームの幅が広いデザインを、そのまま幅広と呼んでいます。
一般的な結婚指輪の幅は3ミリですが、それ以上のものが幅広に該当します。
他のデザインに比べてカジュアルで、個性的に見える部分が特徴で、アーム部分に名前などを入れることも可能です。
お互いの名前を入れると一生の記念になりますし、世界に1つだけの結婚指輪となるでしょう。
特に男性からの人気が高く、男性だけ幅広にする様子も見られます。